12月レシピ:柚子の香り和え

yuzuae

 

●栄養ポイント

柚子は独特の香りが好まれ、柚子茶やジャム、そして柚子湯などでもおなじみですね。柚子の酸味を生かして和えごろもをつくり、すっかりおなじみになった柚子胡椒を加え、
ピリッとした味もプラスするので箸休めにもおすすめ。おせち料理はどうしても味のしっかりしたお料理多く、塩分を摂りすぎてしまいがちです。
柚子に含まれるカリウムで、上手にコントロールしましょう。箸休めとしてもダイエット中のお正月料理としても加えていただきたい1品です。
柚子をうつわ代わりに使うので、香りも充分楽しめます。リラックス効果のある柚子の香りとともにヘルシーな具を使った香り和えをぜひお試しください。

●材料(2人分)

ゆず 2個
しらたき 1/4袋
にんじん 1/4個
ほうれん草 1/2束
少々
【和えごろも】
だし汁 大さじ2
薄口しょうゆ 小さじ1
ふたつまみ
柚子果汁 1/2個分
柚子胡椒 少々

●作り方

1)柚子は上部から1cm程度の高さで横に切り、果肉をくりぬいておく。
しらたきと太目の千切りにしたにんじんは水から茹でる。
ほうれん草は塩入りの湯で茹でる。
(にんじんとしらたきの湯を塩をいれ再利用しても可)
2)具(しらたき、にんじん、ほうれん草)の長さを切りそろえ、水気をしっかり切る。
3) 和えごろもは調味料をすべてよく混ぜ合わせておく。
4)2)の具が熱いうちに3)の和えごろもで和える。
5)しばらくおき、味がなじんだら1)の柚子の器に盛り付ける。

<レシピ監修>
17277-1-20160202152340_b56b04b6ccada7鶴田 真子
日本ニュートリマイスター協会理事
【資格】管理栄養士、健康運動指導士、調理師、製菓衛生師