6月レシピ:昆布としょうがの雑穀ごはん

konbu_shougagohan

 

●栄養ポイント

だしをとった後の昆布を使った「もったいない」から生まれた「リユースレシピ」です。
昆布に残っている旨みはもちろん、昆布そのものを食すことで食物繊維がとれるので、ぜひ捨てずに活用しましょう。ご飯と一緒に炊き込めば、手間もかからず、昆布のグルタミン酸の旨みとしょうがの食欲をそそる香りでそれだけでも美味しい「ファイバーご飯」ができあがります。

●材料(2人分)

こんぶ
(だしをとったあとのもの)
小1枚
しょうが 1かけ
雑穀米(白米+雑穀) 1合
オイスターソース 小さじ2
ふたつまみ
大さじ2
あさつき 1~2本

●作り方

1)こんぶとしょうがは千切りにする。
2)炊飯器に雑穀米と1)を入れる。
3) 分量の水を加え、炊飯器で炊く。
4) 盛りつけ後、小口切りにしたあさつきをちらす。

<レシピ監修>
17277-1-20160202152340_b56b04b6ccada7鶴田 真子
日本ニュートリマイスター協会理事
【資格】管理栄養士、健康運動指導士、調理師、製菓衛生師