1月レシピ:さっぱりトマトおでん

201801_02


●栄養ポイント

寒い冬は野菜を生でいただく機会が減りがち・・・
フレッシュなトマトもよいですが、冬用に温かいトマトもおススメです。
トマトの赤い色素「リコピン」は活性酸素を退治してくれる抗酸化作用があります。
活性酸素はがんや動脈硬化の要因のひとつなのですから、トマトは生活習慣病予防に欠かせない食材のひとつなのです。調理の際、少量の油を利用するとさらに効果的に摂取できます。

●材料(2人分)

トマト 2個
 オリーブオイル  少々
だし 2カップ強
みりん 20cc
 しょうゆ  20cc
30cc
小さじ1/2
水菜(飾り用) 少々

●作り方

1)トマトは湯むきし、オリーブオイルをふりかけておく。
2)おでんのだし(だし・みりん・しょうゆ・酒・塩)は合わせて火にかける。
3)2)にトマトを静かに入れ、弱火で15分程度火にかける。
4)火を止め、ふたをししばらく置く。(できれば1日置く)
5)食べる直前に、再度加熱し、彩りに水菜を添え熱々をいただく。

<レシピ監修>
17277-1-20160202152340_b56b04b6ccada7鶴田 真子
日本ニュートリマイスター協会理事
【資格】管理栄養士、健康運動指導士、調理師、製菓衛生師